2011年08月06日

スポーツと武術って何が違うんだろうか?

スポーツと武術って何が違うんだろうか?

考えていたK山師匠。

ある夜に夢に敵が出てきて、ぼかりと殴った。

倒れた相手は、立ち上がってこなかった。

これが大きく違うんだよ!

と僕らに話してくれた。

競技は、勝敗がかかっている。
武術は、命がかかっている。

だから素性のわからない人には簡単に教えないのが、昔からの武の教えなのです。

武術は勝ったものがち。

しかし、それだけだと暴力になる。

居合いでいうところの「不勝不敗」の心待ちが必要です。
posted by 護身術・武術セミナー【研身会】 at 23:05| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。