2011年03月06日

学ぶ機会は、一期一会

武術に限らず、何かを人からを学ぼうと思うのであれば「一期一会」を大切にしてほしいとおもいます。

学ぶ機会はいくらでもあると、時間や目標設定に対してルーズだったり「即実行の姿勢」がないと優先順位は、どんどん先送りになります。

では、その学びたいと思っている人物が亡くなってしまったら学ぶ機会はあるのでしょうか?

無理ですよね。

優秀な人ほど忙しいものです。時間の都合が、つくということはその学びたいという人物と「御縁」があるのです。

学ぶ機会があるということは、成長のきっかけとなる貴重な種子があるかもしれないですよね。

お互いに限られた時間の中、貴重な時間を真剣に共有することで、いろいろな学びや人間の温かさを感じることができます。

人生は一度しかない片道切符です。

有限の時間の中でお互いの学びを通じて、素晴らしい時間を共有できればと思います。




柳生家の家訓より一節。

「小才は縁に逢って縁に気づかず、中才は縁に逢って縁を活かさず、大才は袖触れ合う他生の縁もこれを活かす。」

posted by 護身術・武術セミナー【研身会】 at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。